3.4コロナウィルス 前田市長より

武漢ウィルス肺炎は国内感染者がクルーズ船の乗船者も含め1000人を超えたとの事。
山口県内でもこれまで51件の調査を行い、昨日1件の感染者が下関市内で確認されました。
残りの50件は全て陰性です。
様々な噂やデマが飛び交います。
私が正しい事実に基づいた情報を出し続けますので、どうかみなさんは冷静な判断と行動と、他人への優しさある配慮を行って頂きたいと願います。
あと、皆さんにお願いです。
今回のウィルス肺炎は感染力も強く前例もなく、 
特効措置もない為に、大きな大きな不安を私達に与えていますが、
感染した方々へ配慮をもって接して頂きたいのです。
誰しも感染したくないと思い、誰しも自分は大丈夫だとどこかで思っている。
しかし、それぞれ生きていく為には仕事も最低限の生活における活動もあるわけで。
そういう状況においてはどれだけ気をつけていても感染してしまうリスクも私達は平等に時間を与えられているわけです。
仕方なく感染者してしまった方も、そのご家族も。 
全く知る由もなかった同僚の方や、客として招き入れた店舗の方々も。
みんな被害者です。
みんな一同に心を痛めて、自分が世間から責められるのではないかと心痛されているはずです。
私達行政は責任をもって、
速やかに濃厚接触者や感染経路などを調べて、
施設消毒や対象者の状況調査など、
二次三次の感染拡大を全力で止める為に努力を致します。そしてその情報を的確に皆さんにお出しします。
そしてその対応と責任は全て私にあると、
私も覚悟しています。
ですから、皆さん、どうか冷静に。
そして常に自分の身に置き換えて御判断頂き。
日本という国はもとより、
下関市は優しさと配慮に溢れた素晴らしいまちだ、
人びとだと言われるように。
いや、言われなくても、そうであったよと、子供達に胸を張って伝える事のできる私達でありたいと、
そう思っています。
どうかご理解を宜しくお願い致します。
下関市長 前田晋太郎

PAGE TOP