4.3コロナウィルス前田市長より

下関市民のみなさんにお知らせです。
一昨日より北九州市にて民間医療機関内にて計19名(4月2日時点)のコロナウィルス感染者が確認されました。
下関市とお隣北九州市は、一日あたり約1万人もの人の行き交いがある、市民生活が共有されている隣接自治体であります。
残念な事にその中には下関市在住の方々も2名確認され、本日報道発表を致しました。
この2名は既に入院して濃厚接触者の調査をはじめ、確認できるところからPCR検査等対応を早急に進め、被害を最小限に止める努力をしているところです。
北九州市は院内の医療従事者や患者を引き続き行うと発表されていますが、対象者も数百名規模であり今後の結果はまだまだ油断が出来ないものと認識しています。
事態の重さを鑑みて、我が市では緊急対策会議を招集し、市内公共施設やイベントの開催状況を急遽見直し、ほぼ全ての施設利用、イベントの中止を5月10日まで決定させて頂きました。
これまでみなさんには活動の自粛に努めて頂き、市内経営者の方々をはじめ、大変なご苦労ご心配をおかけしている事は重々承知をしていますが、これまで経験の無い、大きな波がいよいよ下関に押し寄せていると理解を頂きたく思います。
今後は当面、全国で感染患者が多く確認されている他県への不要不急の活動はどうか自粛を頂きたいとお願い申し上げます。
私達市役所職員も一丸となって引き続き全力で対応をさせて頂きますが、市民のみなさんにも密閉・密室・密接の三原則を考えながら活動をして頂き、手洗い・うがい・アルコール消毒・検温をはじめとする体調管理などご自身やご家族の安全を自身の手でしっかりとお守り頂きますようお願い申し上げます。

PAGE TOP