5.1コロナウィルス前田市長より

本日第17回コロナ対策本部会議を行い、
特別定額給付金の受付方法、
市独自の経済対策、
市施設の閉館延長、 
学校施設の対応、
コロナ対応病床増床の確保(9床→89床)、
PCR検査ドライブスルー方式の確立など、多岐にわたり重要な案件について意思決定を行いました。
それぞれが市民の皆さんにも関心が高い大きな案件ですので、説明も大変なボリュームになります。 
ですので、このFBでこの連休中に小分けにして随時報告していきます。もちろん市のホームページでも同様に確認ができますのでご安心ください。
加えて近々私がカメラの前で説明する動画をアップしますのでそちらも是非皆さんには確認して頂きたいと思います。
まずは、報道においても全国的に関心の高い特別定額給付金から説明させてください。
昨日4月30日、国会において国の補正予算が成立し、国民1人当たり10万円を支給する「特別定額給付金(仮称)事業」の実施が決定したところです。
この事業は「各市町村が実施主体」とされており、下関市民の皆さんへの給付は下関市役所から行うこととなります。
今後のスケジュールの見込みは次のとおりです。
《申請の方法について》
現在、市として給付の準備を進めていますが、本事業の仕組みとして、市民の皆さんから申請をしていただく必要があります。
申請の方法として、
① 市から郵送する申請書を返送いただくことによる申請
② マイナンバーカードを使ったパソコン・スマートフォンからの申請
③ 市のホームページからダウンロードした申請書を郵送いただくことによる申請 (例外的な方法)
の3とおりを準備するよう、検討しています。
3つの方法は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、
従来の市の窓口での受付とは別の方法として行うものですので、市民の方におかれましては、ご協力をお願いいたします。
《市から郵送する書類の返送による申請について》 まず、1番目の「市から郵送する書類を返送いただくことによる申請」の方法をご説明します。
今回の給付金の支給単位が「世帯」であることから、現在、申請書及び返送用の封筒を市内の約13万世帯に郵送でお届けするため、準備を急いで進めています。ただし、全市民・全世帯用の書類や封筒の用意には相当の時間を要するため、現在の見込みでは今月の下旬から随時、発送する予定です。
申請書には、市の方であらかじめ「世帯員の情報」や「給付金額」を印字してお届けすることになります。受け取った方におかれては、受給権者は世帯主の方となりますので、口座情報は、世帯主の方ご本人のものを記入して市に返送いただく必要がありますので、ご留意をお願いします。
《マイナンバーカードを通じた申請について》
次に、「マイナンバーカードを使った申請」方法です。こちらについては、明日5月2日(土)より、お持ちのパソコン・スマートフォンから「マイナポータル」のサイトにアクセスしていただき、申請を行っていただきます。
この方法で申請をいただくためには、「世帯主の方がマイナンバーカードを所有していること」が必要になりますので、ご注意ください。世帯主以外の方がマイナンバーカードをお持ちの場合、「マイナポータル」から申請を行っていただいても、有効なものと扱えない可能性があります。
マイナンバーカードを使った手続きについては、市のホームページにおいて、関連する国のホームページにリンクできるようにしていますので、ご確認ください。
《ダウンロードした書類による申請について》
最後に、「市のホームページからダウンロードした書類を市に郵送いただくことによる申請」についてご説明します。本来の方法は、最初にご説明しました、個別の情報を印字した申請書をお送りするものであり、この方法はあくまでも例外的なものと考えていますので、ご留意ください。
この方法は、本来の方法である郵送の方法では、給付金の支給が6月以降になることが見込まれ、また、マナンバーカードをお持ちでない方は、オンライン申請ができないため、事業の損失などにより、生活資金にお困りの方などに少しでも早く給付金をお届けするため、例外的に実施しようとするものです。
こちらの方法は、市のホームページから申請書の様式をダウンロード・印刷していただき、ご自身で必要事項を全て記入の上で、市の担当部局へ郵送いただくことによる申請形式となります。
ホームページでは前もっての印字等の個別対応ができませんので、確認等の処理に一定の期間をいただくことになると考えられます。また、この方法での申請が多量となると、給付スピードも遅くなってしまうおそれもあります。そうした懸念も考慮しまして、
申請書様式のダウンロード期間を   
7日(木)~13日(水)
申請書の受付期間を       
16日(土)必着 まで
と、日付けを区切り、一定期間のみの取扱いといたします。
この方法は、可能な限り、「新型コロナウイルス感染症の影響で生活資金などにお困りの方」にご利用いただき、該当されない方(表現が難しいです。皆大変であると理解しています)におかれましては、本来の「市から郵送する申請書」や「マイナンバーカードを使ったオンライン申請」の方法で申請をいただければと思います。どうかご協力をお願いいたします。
《給付金支給の時期について》
給付金の支給の時期については、市に申請書や国からの情報が届くタイミングにも左右されますが、2番目の「マイナンバーカードを使った申請」であれば、最も早くに申請をいただいた方については
「5月半ばから給付」を行えるよう、鋭意準備を行っております。
なお、給付金の対象者については、「4月27日(月)を基準日」として、その日に住民票の住所を本市内に置かれている方を対象として行うこととなります。引越し等の関係で基準日時点の住所が異なる場合、本市からの給付を行えない場合もありますので、世帯員全員の情報をご確認の上、申請を行ってください。
《留意事項》
なお、今回の「特別定額給付金」事業の実施に当たっては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に最大限の注意を払うため、市役所窓口での問合せの集中・人の混雑を防止することが必要であり、市民の皆さんにおかれましては、引き続き「3密の回避」にご協力をいただければと思います。
本事業については、市役所に電話相談窓口を設置し、お問合せにご回答できるよう体制を整えておりますので、ご質問等はお電話でお寄せくださいますよう、ご協力をお願いします。
できる限り速やかに市民の皆さんに給付金をお配りし、下関が一丸となって今回の新型感染症に立ち向かうことができるよう、市も全力を挙げて対応しております。
ホームページはこちらから ↓
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/genre/0000000000000/1583821155150/index.html

PAGE TOP