彦島おすすめスポット

 

▼1.ナイスビューパーク  ▼2.ひこっとらんどビーチ    ▼3.彦島八幡宮       ▼4.巌流島        ▼5.老の山公園     ▼6.南風泊市場      ▼7.下関漁港の閘門(水門)

▼◎厳選~彦島の風景写真

 

1.ナイスビューパーク

下関市彦島ナイスビューパーク風車下関市彦島ナイスビューパーク風車下関市彦島ナイスビューパーク風車
彦島へ繋がっている有料の道路が、2005年無料開放されました。その道路の彦島大橋を渡ってすぐに位置するパーキングエリア。

24時間無料で開放されており、数十台停められる駐車場に車を停めれば、少し遠目に北九州の工場夜景を楽しむこともできます。

ベンチから日本海と停泊した船や、彦島、六連島を楽しめます。

車に乗ったまま景色を楽しめるスペースがあるのは、下関でも珍しく、冬のドライブコースにもお勧めです。

また、彦島ナイス・ビューパークの山手側には、老の山公園があり、もっと高い場所から景色を楽しめます。
所在地山口県下関市彦島迫町6丁目2
設備駐車場(無料)・トイレ・ベンチ

 

2.ひこっとランドマリンビーチ(西山海水浴場)

ひこっとランドマリンビーチ(西山海水浴場)
ひこっとランドマリンビーチ(西山海水浴場)ひこっとランドマリンビーチ(西山海水浴場)ひこっとランドマリンビーチ(西山海水浴場)ひこっとランドマリンビーチ(西山海水浴場)
彦島大橋から望めるところに、ひこっとランドマリンビーチ(旧呼び名:西山海水浴場)があります。

夏になると、地元の方運営の管理棟(飲食販売のない海の家のようなところ)が開き、安心安全に泳げます。

家族連れをはじめ、カップル、友達同士など、多くの海水浴客で賑わいます。

バーベキュースペースもあり、申し込みをすればご利用できます。

駐車場は広く無料なので、とても利用しやすい海水浴場です。

夕日が沈む頃の深い藍色の海と、茜色の空のコラボレーションも素敵です。

また、夜になると、沖合いに外国船が数隻停泊している時があり、船明かりがとてもきれいです。


所在地山口県下関市彦島迫町6丁目
アクセスJR下関駅前から彦島線「西山口」バス停下車、徒歩1分。
海開き予定毎年7月中旬
管理棟運営時間8:30~18:00
設備駐車場(無料・418台)、シャワー、トイレ、更衣室、バーベキュー(許可制)・自動販売機・近くにコンビニあり
お問い合わせ先管理棟 TEL:080-3054-7101
西山海水浴場組合 TEL:083-252-5457
開設前は下関市水産課 TEL:083-231-1273

 

3.彦島八幡宮

下関市彦島八幡宮
彦島八幡宮彦島八幡宮彦島八幡宮彦島八幡宮
彦島八幡宮は、ひこっとランドマリンビーチ(旧呼び名:西山海水浴場)から、徒歩5分のところにあります。

御鎮座より850有余年を数える氏神様です。
海上安全、安産に御利益があると言われています。

彦島八幡宮は別名「子安八幡」とも呼ばれており、安産祈願・子育ての神様として広く信仰されています。
境内には古代人が文字を刻んだ岩「ペトログラフ」が検出された神霊石が境内にがあることでも有名です。


所在地山口県下関市彦島迫町5丁目12−9
アクセスJR下関駅前から彦島竹の子島行バス「東圧正門前」バス停下車(バス所要時間15分)、徒歩1分。
設備駐車場(無料)・トイレ
公式ホームページhttp://hikoshima-guu.net
お問い合わせ先TEL:083-266-0700

 

4.巌流島

下関市彦島巌流島
下関市彦島巌流島下関市彦島巌流島下関市彦島巌流島下関市彦島巌流島
関門海峡に浮かぶ巌流島の正式名称は「船島」。

この島で、慶長17(1612)年4月13日に宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘し、敗れた佐々木小次郎の流儀「巌流」をとって巌流島と呼ばれるようになりました。

現在は、観光周遊船が接岸できる浮桟橋をはじめ、決闘の地を連想させる海浜整備、宮本武蔵・佐々木小次郎両雄の像、関門海峡沿いには散策道や休憩所も整備されました。

大小さまざまな船が行き交う関門海峡の雄大な景観を眺めつつ、潮風に吹かれながらの巌流島散策はいかがですか。(文:下関市観光施設課HP引用)


所在地山口県下関市大字彦島字船島648
アクセスJR下関駅前から唐戸方面行バス「唐戸」バス停下車(バス所要時間5分)、巌流島行きの船着き場へ徒歩1分。渡船で10分(往復船賃600円)
設備トイレ・バーベキューサイト(無料ですが利用申請が必要)・休憩施設(テーブル・ベンチ)3基・
公式ホームページhttp://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ganryujima/
お問い合わせ先TEL:083-231-1838 下関市観光施設課(平日 8:30~17:15)

 

5.老の山公園

下関市彦島老の山公園
下関市彦島老の山公園下関市彦島老の山公園下関市彦島老の山公園下関市彦島老の山公園
老の山公園は、六連島を一望できる絶景スポットです。

公園内の風の丘(旧彦島有料道路側)には、 子供が存分に楽しめる、あまり見かけない幼児用遊具から児童用遊具まで幅広く設置してあります。

昭和36年から都市公園として開設された老の山公園は、市民のお花見や遠足・レクリエーションなどで利用されている公園です。

自然豊かな老の山には、県立下関中等教育学校(旧県立下関第一高校)もあり、毎日、通称「中等坂(旧一高坂)」を多くの生徒が登下校しています。

駐車場からバリアフリーが施され、眺望抜群のロケーションを誇る老の山公園は、彦島の人はもちろん、下関市民からも親しまれています。

所在地山口県下関市彦島老の山公園1
アクセスJR下関駅前から彦島竹の子島行バス「老の山公園入口」バス停下車(バス所要時間10分)、山頂まで徒歩20分。
設備駐車場(無料)2ヵ所 
●海側(県道(旧有料道路)から上がれます)40台(身障者用3台) 
●中等教育学校側 96台(身障者用3台・大型3台)

トイレ(身障者用・小児用あり)
お問い合わせ先都市整備部 公園緑地課 TEL:083-231-1933

 

6.南風泊市場 (はえどまりしじょう)

下関市彦島南風泊市場
下関市彦島南風泊市場下関市彦島南風泊市場下関市彦島南風泊市場下関市彦島南風泊市場
下関市彦島の西端にある、全国で唯一のふぐ専門の卸売市場です。

天然のとらふぐをはじめ多くのふぐが取り扱われます。

南風泊のふくセリは「袋セリ」と言われ、セリ人と業者が布袋に手を入れ、指先で値段を決めるという特徴的なセリが行われています。残念なことに、業者専門の市場ですので、一般の見学は出来ません。

毎年2月に行われる、ふく連盟主催の「ふくの日まつり」では、南風泊市場内で、ふく刺しやふく関連製品の即売等が行われます。恒例のふく鍋なども登場しオークションや大抽選会などで盛り上がります。当日は、場内に入れますので、この機会に訪れてみてはいかがでしょう。

南風泊漁港の対岸に、彦島から橋で繋がる竹ノ子島があります。
夏には、西山地区花火大会が行われています。

所在地山口県下関市彦島西山町4丁目11-39
アクセスJR下関駅前から彦島竹の子島行バス「渡瀬」下車、徒歩5分(バス所要時間20分)
お問い合わせ先TEL:083-267-8181

 

7.下関漁港閘門(しものせきぎょこうこうもん)

下関市彦島水門
下関市彦島水門下関市彦島水門下関市彦島水門下関市彦島水門
下関漁港の閘門(こうもん)は、日本海と瀬戸内海の干満差によって生じる激しい潮流を抑制し、漁港の安全性を確保するために戦前に建設された構造物です。

地元では「水門」と呼ばれています。

水路の長さは、わずか50m、幅は8mほどしかありません。

閘門の通過方法は規模の大小はありますが、下関漁港閘門は世界最小のパナマ運河式水門です。

意外と知られていませんが、水産庁が発表した「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれており、歴史的・文化的に価値が高く、貴重な工法や様式の構造物として存在しています。

歩道と車道があり、閘門は今なお現役稼動中で船舶が航行しており、この様な構造物は全国的にもとても珍しいものとなっています。

所在地山口県山口県下関市彦島本村町6丁目1−1
アクセスJR下関駅前から彦島方面行バス「彦島口」バス停下車(バス所要時間5分)、徒歩1分。
下関漁港の閘門(水門)の開門時間0:00~8:40、10:50~12:10、13:50~15:00、16:30~24:00 
未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選HPhttp://www.gyokou.or.jp/100sen/100senurl.html
未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選について(山口県HP)http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16600/port/100sen.html
お問い合わせ先山口県下関水産振興局 漁港市場課 TEL:0832-66-2141

 

 

厳選~彦島の風景写真

彦島の街並みや風景です。彦島出身の方には懐かしい風景だと思います。じっくりご覧ください。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

PAGE TOP